● UAブログ

ビジネスユーススマートフォンは、iPhoneか?Androidか?

最近よく聞かれる事があります。
「twitterってガラケーでもできますか?」

答えはもちろん「できます。」ですが、
スマートフォンに比べるとアプリの起動や入力に時間がかかってしまうので、
『いま』を共有するtwitterにはあまり向いていないと言わざるえません。

今度動画でも撮影して検証してみようかと思いますが、
おそらく一文をツイートするのにも1分以上差がでるのでは無いでしょうか。
気軽にツイートを確認したり、リツイートするという事もちょっと時間がかかり億劫になりがちです。

一般的な携帯電話ことガラパゴス携帯=ガラケーは、
日本独自の発展を遂げた素晴らしい携帯ではあります。
ですが、起動時間やアプリケーションの多さ、情報収集力、俊敏性を考えると、
ビジネスパーソンはスマートフォンを持つべきだと思います!

例えば、Eメールの確認ややりとりひとつとっても、
PCメールをガラケーに転送していても、返信がままならなかったり、
多くのメールを処理するのには向いてません。
添付ファイルの確認や過去のメールを検索するのも困難です。

twitterやfacebookを使いこなせていない人の殆どがガラケーユーザーだったりもします。
これは上記しましたが、使いこなそうにも物理的に困難なのでどうにもなりませんね。
twitterやfacebbokで飛び交う旬な早い情報もキャッチしきれず。

RSSなどでの情報収集やオーディオブックでの時間を無駄にしない情報収集や、
学習ツールとも無縁となり、スマホユーザーとは日々差がつくばかりなのです。

もちろんスマホユーザーでもその機能を使いきれていないユーザーはとても多いわけですが、
ガラケーで十分!と自信満々に負け惜しみの様に公言してしまっている方は、
自分が今この1秒1秒の間に機会損失している事に気づいていない人が殆どです!

前置きが長くなりましたが、
それでは、iPhoneとAndroidはどちらがビジネスに適しているか?

私はiPhone3G発売後、少々遅めの3GSが発売される少し前に3Gを購入しました。
iPhoneはあくまで情報端末として、ドコモのガラケーを携帯&携帯メール用に使っていました。
その後iPhone4が発売されると同時にiPhone4に切り替え、iPadも発売と同時購入しました。

先日EMobileのAndroid端末IDEOSが発売されるという情報が出ると、
先に香港で発売されていたIDEOSを輸入して手に入れました。

その後、IDEOSではAndroidの真価が判断できそうに無かったので、
ガラケーを手放し、Lynx 3D SH-03cに機種変更し、残すはAndroid Tab機を残すのみとなりました^^;

実際iPhoneとAndroidの両機種を長期的に持つ事となり、
その使い勝手や利用環境を比べ、肌で感じた結果を報告したいと思います。

2011年2月現在は、まだまだ『iPhone』に軍配が上がります。

詳しくは後日明らかにしていきたいと思いますが、
Androidの可能性はとても素晴らしく伸び白は十分にあります。
Googleアカウントやアプリとの連携は、Google製という事もあってAndroidは使い勝手が良いです。
まだまだ荒削りですがそのカスタマイズ性やアップデートによる可能性には目を見張ります。

が、洗礼されたデザイン、ルックアンドフィールに優れ、気持ちよくストレスのない操作感、
PCやカーアクセサリ、サードパーティ製品の充実、素晴らしいアプリケーションの数々。
バッテリーの持ちやカメラ性能、データ保存容量、オーディオ機能の充実
などなど・・・

現在ガラケーのみで満足してしまっている方に、私は自信を持って『iPhone』をお薦め致します!!
どうか今現在も機会損失している事に今すぐ気付いて欲しいです!

もちろんスマホを使わなくても十分な知識と情報収集力があり、
facebookやtwitterを使わなくても素晴らしいビジネスパーソンは大勢いらっしゃいます!
けど、ガラケーユーザーとスマホユーザーには確実に何らかの差は生じるのは確実だと確信しております。

何かご不明な事や疑問点などございましたら、
twitterやfacebookでお気軽にご相談頂ければ幸いですよー^^
このエントリーをはてなブックマークに追加