● UAブログ

本当にtwitterで繋がったー!という実体験を思い出してみました^^ その1

2483-01
twitterを始め、積極的に使って行く事で、
「何かが変わった」「何かが起きた」という話しは、
twitter関連の書籍に良く書いてあります。

では、私の様な世間一般的に無名な人でも何かが起こるのか?
あくまで「無名な人」でもポジティブに作用しなければ、
ビジネスで活用できるのはほんの一握りになってしまうワケで、
twitterを始めるべきだ!とは声を大にして言えるものではありません。

という事で、私も虚ろになってきている自身のtwitterの歴史を思い出してみたいと思います。
過去のログを分かりやすくまとめてくれるサービス「twilog」を元に
思い出してみたいと思います。

私のtwitterデビューは2007年5月23日14:23でした。
2007年05月のtweet
この頃は未だリツイートなどという文化も無く、まだ限られたギークなユーザーばかりでした。

私がtwitterを知るきっかけになったのは、
Podcast番組の「くりらじ」の番組で、
今は無き伝説の「くりらじテクノロジーニュース」で取り上げられていたのが
きっかけだった様に記憶しております。

とりあえずその頃のギークな方々をフォローし、twitterからリプライしてみると、
GOING MY WAYの@kengoさんと絡んでみたり、拡張現実ライフ@akio0911さんと絡んでみたりと、
普段なかなかコミュニケーションが取れそうも無い方々と
簡単にコミュニケーションが取れました。

そしてその後、くりテクの番組スピーカーのようさん(@youchan)のツイートから、
アスキー社の会議室を借りたビックネームの揃うギークな勉強会に参加させて頂き、
ドワンゴの@yoshioriさんや、サイボウズの@takesakoさん、
はまちや2さん(@hamachiya2)などなど、総勢30名くらいの方と知りあわせて頂き、
楽しい勉強会と2次会を経験しました。

この体験を元に、自分の周りにもtwitterを始めようよ!などと散々言っていたのですが、
私の拙い説明と影響力では誰一人として始ようと思わせる事が出来ず、
私もリアルでの知り合いが増えず、結局はバーチャルのみのツールとなってしまい、
次第にtwitterを楽しみ事から遠ざかって行ってのでした。

しかもこの頃は未だiPhoneなども登場しておらず、
ガラケーからポチポチtweetするにもアプリも充実してなかったので、
なかなかリアルタイムなつぶやきが難しかったのを記憶しております。

その後2010年になると、世間でtwitterが騒がれ出しましたが、
どこかで「今頃かよ~」という気持ちがあってか、
再びがっつり使おうとは思うことも無く、たま~につぶやく程度で、
月に10~20tweetくらいのものでした。

しかし、2010年7月28日に、社員全員にtwitterアカウントを取ってもらい、
twitterによる社内コミュニケーションや、
情報共有をIT企業らしくまずは自分たちから使いこなそう!

という事をはじめ、この日を境にどうせやるなら、
とことん使いこなして、かつては挫折したtwitterの啓蒙を今度は成功できるくらい、
もっともっと勉強してビジネスユースの活用方法をマニュアル化しようと思いました。

するとアウトプットを持ち始める事になり、
まずはtwitterの書籍をほぼ全て買い漁り、読破し要点をまとめ上げていきました。
記憶に深く残った書籍に、ネタフルコグレさんと、みたいもんいしたにまさきさん
ツイッター 140文字が世界を変える
できる100ワザ ツイッター Twitterパーフェクトテクニック』や、
樺沢紫苑さんの『Twitterでビジネスを加速する方法』がありました。

その後ひょんな事からデザイナーで著名なウジトモコさんと知り合いになり、
ウジさんの著書『視覚マーケティング実践講座 ブログデザインで自分ブランドを魅せる』で、
コグレさんといしたにさんとも仲の良い事も知り、
「仲が良かったんだー」とブログを眺めていたら、
偶然が偶然呼びコグレさんといしたにさんが、
たまたま上尾商工会でtwitterのセミナーを開催するとの記事を発見し、
これは行くしか無いという事で、参加させて頂いたのでした。

その場でコグレさんといしたにさんとも顔見知りとなり、
浦和の沖縄料理屋さんお「やった~家」の中村さんと知り合い、ツイ飲み勉強会を一緒に開催し、
今では一緒に色んな活動をさせて頂くまでの仲となりました^^

また、その会場にいらした、さいたま市コンベンションビューローの方や、
さいたま商工会青年部の方とも知り合いになり、
その後青年部に自主入会したおりに再会を果たし、
さいたま商工会でもコグレさんとエアロプレインのりおさんにセミナーをして頂き、
私もtwitter登録までの流れの資料をつくらせて頂くなどして、参加させて頂きました。

ここまでだけでも、自らtwitterに関わる事で、
普段は画面の向こうや決して交わる事の無さそうだった方々と、
とても簡単かつ友好的に関係を持つ事ができました。

ただ、この時点ではまだ『ビジネス』としては、まだ何も産んでおりません。
書いていたら長くなってきてしまったので、次回に持ち越したいと思います!

次回は、実際に「ビジネスにtwitterがどう活きたか」をまとめてみたいと思います!!
このエントリーをはてなブックマークに追加