● UAブログ

食べログはビジネスで役に立つのか?

2494-01
食べログ」は言わずと知れた、
kakaku.comの運営するグルメ・レストランのクチコミサイトです。

ぐるなびとは異なり、ユーザーが店舗登録したり、
画像をアップしたり、レビューしたり、点数を付けたり出来ます。
レビュアー同士でコメントや投票をしあったり、
グループ機能があったり、ランキングされたりという機能
もあります。

また、オフ会も頻繁に開催され、年末には食べログ主催の大忘年会もあったりします。

そんな『食』が大好きなユーザーが集まる「食べログ」ですが、
「ビジネスに活かせるの?」と思う方も多いかも知れません。
ビジネス書などには「食べログをビジネスに活かそう!」とは一切書かれてません。
facebookやtwitter、アメブロの本はあんなに沢山あるのに何故なんでしょうね。

確かに直接ビジネスに直結したり、マネタイズされる事は無いと思います。
フードコンサルティングや、食に関する仕事をしていれば無くは無いかも知れません。

では、食べログを活かす場はどこなのか?

それは、「雑談」の中にあります。

ここで「は?雑談?」と思われる方もいるかも知れませんが、
私は「雑談」のできないビジネスパーソンは「仕事もできない」と思ってます。

初めて行く客先や、打ち合わせなど、
席に座っていきなり、「ここのデザインはどうしましょうか?」なんてあり得ません。
そんな機械的で作業的な打ち合わせは、「話し合い」ですら無く、「やっつけ」です。

その前に「人と人同士」のコミュニケーションはとても大切です。
コミュニケーションが上手く取れていれば、それだけでトラブルは無くなっていきます。
逆にコミュニケーション不足だと、ささいな事でもトラブルになりがちです。
ではコミュニケーションはどうとるものなのか?

それは、「雑談」であり、「有意義な雑談」なのです。

ただの「雑談」もたまには良いと思いますが、
「この人ち打ち合わせしても無駄話ばかりで時間がかかる」と思われては、本末転倒です。
では、「有意義な雑談」とは何でしょう?

少なくても、相手が聞いて良かったと思う、
仕事には直結しないけど、「知って良かった」「勉強になった」など、
少なからず相手に貢献できる話
しでは無いでしょうか。

雑談についてオススメなオーディオブックがあります。
ビジネス雑談の効能 – eureka!」です。
この中で「雑談」についての大切さが多く触れられておりますが、
やはり『食』という分野については、興味のある人はかなり多いです。

特に、経営者クラスになると様々な会でも話題が『食』に関する事になる事は少なくありません。
その際に『食』に関する有益な話題を一つでも提供できれば、
みんなの印象にも残るし、「じゃあ今度一緒に」なんて話しはしょっちゅうです。
逆に何のネタも無ければ、その場にいても気まずく、誰からも相手にされません。

初めて伺う客先でも、「この辺に美味しいお店ありますか?」とか、
こちらから「先ほどそこの〇〇というお店に行きましたが、美味しいですね~」と切り出せば、
ほぼ間違い無く話は盛り上がります。

そこで、更に「食べログのレビュアーをやってるんです」と加えて、
「埼玉のラーメンレビュアーで○位なんですよ~」と言えれば、
インパクトも大きく、話も広がり、今後のお付き合いも広がる確立が高いです。

良く耳にする話しでもありますが、

「営業は毎回違うお店で食事しろ」
「デザイナーは高くて美味しい料理を食べろ」


と、言うそうです。

営業はまさに話のネタと、感性を磨く為。
デザイナーも感性と良いものに触れる習慣を身につける事で、
ディテールへの拘りや大切さを身を持って知る事に繋がります。

以前の記事、
情報のインプットを増やすにはアウトプットを増やす事から始めよう!
でも触れましたが、アウトプットを増やす事でインプットが自然と増えていきます。
「食べログ」というアウトプットを増やす事で、「食」に関するインプットは、確実に増えていきます。
その恩恵は「食」の知識に留まらず、「文章力」「構成力」「表現力」にも繋がり、
写真を美味しく魅せるセンスや、食文化を知ることで地域の情報や歴史にも詳しくなり、
色んな店を食べ歩く事で、その店がなぜ人気だとか、なにが良くないなどの洞察力や観察力が、
比較対象が多くなるにつれ明確になり、自信を持って言える様になります。
やがてコミュニケーション能力、雑談力、人脈術にも繋がって行き、
結果、「仕事の出来るビジネスパーソン」となっていくのです!

また、食べログを始めようと思っても「うまく表現できない」という声をたまに聞きます。
しかし、最初から上手く書ける人はいませんし、うまく表現できる様になる為に、
沢山食べて、沢山文章を書けば良いのですから、「できないからやらない」というのは大きな間違いで、
「できないからやる」べきなのです。

そして、なによりも継続する事が一番大切です。
自分のペースで無理せず、楽しく続ける方法も自分なりに考えると良いと思います。
渡しの場合は、「とりあえず埼玉ラーメンレビュアーで1位を目指す!」という事で、
楽しく、燃え続ける事ができております^^

『食』という分野に絞られているだけに、
他のブログと比べてお題が決まっているので始め易いと思います。
まずは、私の食べログを参考にして頂き、読者登録でもして頂ければ、
こちらも読者登録させて頂きますので、一緒に楽しく『食』をビジネスにつなげていきましょう♪
このエントリーをはてなブックマークに追加