● UAブログ

早起きは3億円の得!?

2639-01
どのビジネス書でも、成功体験やお金持ちの方の話しにも共通して言われる事があります。
それが、「早起き」です。
逆に夜更かしや徹夜を推奨するものは皆無です。

なぜ早起きが良いかという理由は、有り過ぎるので今回は割愛。
時間ができたらまとめてみたいと思いますが、生物学的にも遺伝子学的にも確かな様です。
今回は、「早起きはとにかく良い!」を前提に話しをすすめちゃいますw

まず、はじめにみんなが声そろえていうセリフがあります。

「分かっているけど、起きられない。」

もしくは、

「私は朝が苦手。」

確かに生活習慣を変えるのは並大抵の努力ではありません。
しかし、何事もそうですが、最初から否定していては何も始まりません。
そして、何も変わりません。

もちろん、中には早起きせずとも成功してる方もいらっしゃるでしょう。
その様な方は、この記事は読み飛ばしてください^^;
しかし、例え今は良くても、夜型の生活を続けていれば必ずどこかで破綻すると私は思います。

そもそも私自身、「朝は苦手」
中学から高校まで、遅刻は日常茶飯事。
高校に至っては、年間遅刻数は3桁に及び、8割の授業は寝てました><
(それでもそこそこ成績が良かったのが自慢ですw)

今でも睡眠は大好きで、許されるならは40時間くらい寝れるかも知れません。
が、寝てれば気持ち良いですが、何がプラスになるわけでもありません。
健康的にもむしろ身体は衰えていきますし、脳神経的にも良くなさそうです。
何しろ、人生という貴重な時間を無駄にしてしまいます。

これに気付いた、というか、事実を真剣に受け止め改めたのは起業する2年ほど前でした。

ではどう実践したか。
私の場合は、「考えない」でした。
朝起きて、「まだ眠いな~」を考えない。
目が覚めたら、何かを考える前に起き上がる!
コレがかなり効果覿面なんです。

少しでも躊躇してしまうと、言い訳を考え出してしまいます。

「昨日寝るのが遅かったから・・・」
「仕事が大変だったから・・・」
「もうちょっとだけ寝たい・・・」


結局睡眠を延長しても大した変わりは無くいつまでも眠いはず。
それどころか、朝から貴重な時間をおしてしまい、あわてて準備や支度をして、
朝食もろくにとらず、焦って忘れ物したり、事故にあったり、上司に怒られたり、
気分が悪くなる負の連鎖を自ら手繰り寄せてしまいます。

そして、起きてからも「考えない」。
眠くても、眠いという事実を「考えない」。
以降、繰り返しです!

色んな早起きの方法や習慣改善方法の書籍が出ているかと思います。
一刻も早く、自分に合った方法をみつけましょう!

余談ですが、私が通っている倫理法人会でも早起きを推奨し、
早朝6時から経営者のセミナーを毎週行っております。
6時に開始という事は4時頃には起きないと間に合いません。

入会したての頃は、流石にこの時間は早すぎる!
絶対無理だと思っておりましたが、最近ではごく普通になってしまいました^^;
そして早起きができる経営者が集まった場は、とても健全でパワフルです!
早起きして参加しているというだけで、「信頼」にも繋がっていきます。
そして、プライベートもビジネスも活力が漲り、確実に良くなっていくはずです!

夜はお金や健康が外に出ていく事ばかりですが、
朝はお金や健康に繋がる”きっかけ”が沢山ある事は間違いありません。


将来的に3億円を手にできるチャンスが多いのは夜更かしタイプ?早起きタイプ?
間違いなく早起きタイプです!
だとしたら、確率的に少しでも高い方を選択し、実行するだけです!!
宝くじよりもずっとずっと確率が高いと思いますよ^^
このエントリーをはてなブックマークに追加