● UAブログ

セレンディピティという能力の存在を知るべし!

2645-01
ITの仕事をしていると、
『何かの情報を探しているときに、
探している情報とは別の価値ある情報を見つける事』

がよくあります。

いかなる仕事や物事においても、
『本来の目的を果たせず失敗しても、
そこから何か価値のある学びが得られる事』

もよくあります。

これは、「運が良かった」だけでしょうか?

ただの偶然やラッキーだったという現象で済ませてしまう人が多い様ですが、
『本来求めるものとは別の価値』を発見したり、
『偶然をきっかけに閃き』を得るのは、
セレンディピティという能力なのです。

この能力の存在を知っているだけで、
相当ポジティブな行動や発想ができる様になります。

何故なら、例え失敗しようとも、無駄な作業になってしまおうとも、
その工程でセレンディピティが発揮できれば、
必ずと言っていいほど、何かしらの恩恵が得られるからです。

身近な例で言えば、
「ブログを書く」という本来の目的があったとして、
その過程で、文章力を学べたり、出会いがあったり、スキルや知識が増えたりします。
それらに気付ける人はセレンディピティが発達しており、
どんどん鍛えられていくと思います。

しかし、「ブログを書く」という行動しかみえず、
「面倒くさい」「時間がない」「ただ書けばいい」など
目先の事しか考えられず行動できない人は、
そもそもセレンディピティを発揮する機会も鍛えられる事も無く、
常に目先の損得でしか動けない残念な人生を送る事になるでしょう。

セレンディピティは歴史も証明しております。
有名なエピソードとしては、

・ノーベルさんのダイナマイトの発明
・レントゲンさんのX線の発見
・フレミングさんのペニシリンの発見

なんかは超有名な話しですね。

身近なモノでもセレンディピティによる発明がたくさんあります。
電子レンジや、マジックテープ、クリップやポストイットなんかは有名ですね。

セレンディピティの存在に気付くと、とても楽しくなります。
茂木健一郎さんの「アハ体験」も瞬間的な一種のセレンディピティなのかも知れませんね。

今までセレンディピティの存在を知らなかった人も、
このブログを読みこの価値ある情報を知れた事がソレだったりするのですよ。
少しでも多くのビジネスパーソンがポジティブになれば、
職場も仕事も、もっともっと楽しくなっていくはずです。
このエントリーをはてなブックマークに追加