● スプレッドIT!

ソフトウェア://メール管理の強い味方「Inbox by Gmail」

3174-01
様々なサービスて展開するgoogleが、新しいメールサービス「Inbox by Gmail」を正式リリースしました。
受信したメールを、1つ1つ内容を確認しフォルダ分けなどをしなくても、Inboxが自動的にカテゴライズしてくれたり、重要なメールをハイライトしてくれる機能が搭載されており、メール管理を手助けしてくれるサービスとなっています。

Inbox by Gmail

Inboxは、Gmailと同様にPCブラウザとスマホアプリ(iOS用、Android用)で無料で使用することができます。
Googleアカウントでログインを行うと、Gmailアドレスに受信したメールが表示されます。
InboxとGmailを同時に使用することも可能です。

メールの振り分け機能

受信したメールを確認する際、受信数が多ければ多いほど、どのメールが重要なのか、不要なのかを振り分ける作業が必要です。
一般的には、メーラーにメール振り分けルールを設定して、フォルダへの振り分けなどをすることもできますが、条件の設定が煩雑な場合もあります。
Inboxを使用すると、プロモーション、ショッピング、トラベルなど自動的にメールの振り分けが行われます。独自のカテゴリーを設定することも可能です。

3174-02

リマインダー・スヌーズ登録機能

メール内容によっては、その後アクションが必要だったり、再度確認すべき内容だったりすることがあります。
その際に、簡単にリマインダーやスヌーズ登録ができるのものInboxの特徴の1つです。
スマホのアプリでInboxを使用している場合、メールを右側にスライドさせると処理済み(完了)メールになり、左側にスライドさせるとスヌーズ機能が立ち上がり、設定を行うことができます。スヌーズ機能は日時だけでなく、場所も設定できるため、指定の場所でのスヌーズも可能です。
Inboxでは、普通のメーラーにある既読という概念を取り払い、処理済みか未処理かのどちらかという仕様になっています。

3174-04

ハイライト機能

Gmailではメール一覧ではメール本文冒頭部のみが表示されていましたが、Inboxではメールの内容から重要な情報を画像等で表示させるハイライト機能が搭載されました。
メールを開かなくても、飛行機の予約や商品発送情報などが一目で分かるようになります。

3174-03
Inboxは日々続々と届くメールから、どの情報が必要なのか・重要なのかを明確にしてくれるサービスです。
メール1つをToDoという概念でとらえているような印象を受けます。
メールは、ただ読むだけのプロモーションメールもありますが、アクションを起こす情報源でもあります。
そのアクションを取りこぼさないよう、リマインダーやハイライト機能が補助してくれます。
今、メールの数が多いと感じていたり、メール管理が上手にできないと思ってらっしゃる方は一度使ってみてはいかがでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加