● スプレッドIT!

アクセス解析://EC-CUBEのコンバージョンをGogleAnalyticsで管理

EC-CUBEなどで自社ECサイトを立ち上げたら、アクセス解析を入れるのは当然のことながら、ユーザーがどのような行動をしているのかや、アクセス数に対してどれくらい目標達成できているかなどを日々データ解析しながらPDCAを回していく必要があります。
GoogleAnalyticsは入れたけど、アクセス数や離脱率しか見ていないのでは、PDCAを回すことはできません。
まずは、最低限のコンバージョン(成果)を把握しないことには、どんな分析も行うことができません。

ECサイトで大きなコンバージョンと言えば、言わずもがな「商品の購入」に尽きます。
その前の壁となる「会員登録」も大事なコンバージョンと言えるでしょう。
また、コンバージョンとまではいきませんが、「カートに追加」された数を知ることで、どれくらいのユーザーが「カートに商品を入れたけど離脱してしまった」かなどを知ることができます。

今回はEC-CUBEでECサイト運営している場合のGoogleAnalyticsのコンバージョン目標の設定方法を紹介したいと思います。
目標の設定画面は、「アナリティクスの設定>ビューを選択>目標」からとなります。

「商品の購入」の設定

  1. 目標設定は、「収益:注文」を選択。
  2. 目標の説明は、名前は「注文完了」などにして、タイプは「到達ページ」を選択。
  3. 目標の詳細は、下記のように設定します。
    到達ページ:「 等しい」「/shopping/complete.php」
    値:「オフ」
    目標達成プロセス:「オン」
    ステップ1:「1.カート画面」 「/cart/」 「オフ」
    ステップ2:「2.届け先の指定」 「/shopping/deliv.php」
    ステップ3:「3.支払方法・時間等の指定」 「/shopping/payment.php」
    ステップ4:「4.入力内容確認」 「shopping/confirm.php」

「会員登録」の設定

  1. 目標設定は、「集客:アカウントの作成」を選択。
  2. 目標の説明は、名前は「会員登録」などにして、タイプは「到達ページ」を選択。
  3. 目標の詳細は、下記のように設定します。
    到達ページ:「 等しい」「/entry/complete.php」
    値:「オフ」
    目標達成プロセス:「オン」
    ステップ1:「1.ご利用規約」 「/entry/kiyaku.php」 「オフ」
    ステップ2:「2.会員情報入力」 「/entry/」
    ステップ3:「3.会員登録確認」 「/entry/?」
EC-CUBEでは、会員登録のステップの最初にご利用規約のページが表示されますが、できればこのページは会員情報入力ページに入れるなどのカスタマイズをした方が、離脱が防げると思います。
また、会員情報入力欄も多いので、EFO(エントリーフォーム最適化)も検討することをおすすめします。

最後に「カートに追加」された際のイベントも設定しましょう。
PCとスマホの両方を運営しているのであれば、どちらのサイトでカートに追加されたのかを分けて集計したほうが良いでしょう。

「カートに追加」の設定

  1. 目標設定は、「ユーザーのロイヤリティ:カートに追加」を選択。
  2. 目標の説明は、名前は「カートに追加(PC)」などにして、タイプは「イベント」を選択。
  3. 目標の詳細は、下記のように設定します。
    カテゴリ:「等しい」「products」
    アクション:「等しい」「cart-in」
    ラベル:「等しい」「pc」
    コンバージョンの目標値としてイベント値を使用:「はい」
スマホの場合は、目標の説明の名前を「カートに追加(スマホ)」、目標の詳細のラベルの値を「smp」などで設定します。
値の名称は分かりやすいものであれば、なんでも構いません。

3252_1

イベントの設定は、これだけでは終わりませんので注意が必要です。
サイトの「カゴに入れる」ボタンのタグにイベント取得のコードの追加が必要となります。

また、GoogleAnalyticsには、「urchin.jsを使った旧コード」「ga.jsを使った旧非同期トラッキングコード」「analytics.jsを使ったユニバーサルアナリティクスコード」の3種類があり、どのコードを使っているかによって、イベント取得コードが異なるので注意してください。

下記のタグを「カゴに入れる」ボタンのAタグなどに追加してください。
EC-CUBEのカゴに入れるボタンのテンプレートは、下記のテンプレートファイルとなります。
  • data\Smarty\templates\default\products\list.tpl
  • data\Smarty\templates\default\products\detail.tpl
  • data\Smarty\templates\sphone\products\list.tpl
  • data\Smarty\templates\sphone\products\detail.tpl
※PCのlist.tplでは、inputタグでonclickが使われているので、「fnInCart(this.form);」の直前にコードを入れれば大丈夫かと思います(未検証)。

urchin.jsを使った旧コードの場合

onclick="javascript: pageTracker._trackEvent('products', 'cart-in', 'pc');"

ga.jsを使った旧非同期トラッキングコードの場合

onclick="javascript: _gaq.push(['_trackEvent', 'products', 'cart-in', 'pc']);

analytics.jsを使ったユニバーサルアナリティクスコードの場合

onclick="javascript:ga('send', 'event', 'products', 'cart-in', 'pc');"
設定が完了したら、実際にサイト上で試してみてレポートに上がってくるか検証してみましょう。
GoogleAnalyticsはすぐにレポートに反映されませんが、「リアルタイム」の項目で確認ができます。

これで、コンバージョンとイベントの解析ができるようになりました。
サイトへのアクセス数に対してのCVR(コンバージョン率)や、カートからの離脱率を把握することで、PDCAが回せるようになりますので対策を練れる環境への第一歩の完了です。

株式会社ユアシストでは、お客様のサイトに合ったコンバージョンの設定方法や、イベントの設定を提案することも可能です。
お悩みの際にはお気軽にご相談ください。
このエントリーをはてなブックマークに追加