● スプレッドIT!

Pogoplug://SFTP接続を利用する方法

2629-01
どこからでもファイルにアクセスできてとても便利なPogoplugですが、
どうも繋がりにくかったり、繋がらなかったりという事が多い様です。

ファイルがどうしても今すぐ必要な時などは、とても困ってしまいます。
最悪ウェブのマイページからダウンロードすれば問題ありませんが、
多量のファイルをPogoplug上で更新したり、やりとりする際には不向きです。

そこで、PogoplugにSFTPで接続できる様にしてしまう事で、
FileZillaなどで感単にアクセスできるのでとても便利になると思います。

ちなみにSFTPとは、SSHのセキュアで暗号化された通信技術をそのままFTPに利用するプロトコルです。

まずは、PogoplugにOpenPogoを導入する必要がありますので、
過去の記事『Pogoplug://『OpenPogo』をインストールして神格化!!』を
参考にして頂ければと思います。

OpenPogoの導入が終わったら、SSHでrootにてログインします。
そして以下のコマンドを入力して完了です。
# ipkg install openssh-sftp-server
# mount -o rw,remount /
# mkdir /usr/libexec
# cp /opt/libexec/sftp-server /usr/libexec/
# chmod a+x /opt/libexec/sftp-server
# chmod go+rw /dev/tty
# mount -o ro,remount /
SFTPクライアントはFileZillaなど色々ありますが、
個人的にオススメなのが『ExpanDrive』です。
ExpanDriveを使うと、SFTP/FTPサーバー、AmazonS3をパソコンのドライブとして、
マウントしてしまう事ができるのです!!

簡単に言うと、サーバーがそのままDドライブとかに出来てしまうワケです。
PogoplugのアプリをインストールするとPドライブになりますが、それと同じですね。
しかも、Pogoplugサーバーを介さず直接アクセスするので高速です。

※ルーターのファイヤーウォールやポート設定は必須になります。

これでまた一つ仕事がし易くなりますね。
このエントリーをはてなブックマークに追加