東京都、埼玉県のホームページ制作会社【ユアシスト】 》 ActionScript / アクションスクリプト

  • 0120-916-281

All in UAssist ~The One-Stop Solution~

IT用語/意味・解説

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
この解説を読むのに必要な時間の目安: 約 2 分
あくしょんすくりぷと

ActionScript / アクションスクリプト

ActionScriptとは、アドビシステムズ社の製品であるFlashに使用されるプログラミング言語で、ECMAScript(ECMA-262)を拡張した物である。これを用いることにより、動画や音声のプレイヤーの作成など、コンテンツに複雑な処理や双方向性を持たせたFlashを作成することが可能である。

ActionScriptが初めて搭載されたのが2000年に発売されたFlash5で、後継バージョンであるFlash MX 2004(Flash7)からは2.0が、Flash9では3.0が搭載されている。Flash4や、それ以前でも、スクリプト機能は搭載されていたが、それは、ActionScriptとは呼ばれておらず、ECMAScriptベースでもなかった。

初代ActionScriptは単純で覚えやすいスクリプト言語であり、プロトタイプベースのオブジェクト指向言語だったが、ActionScript 2.0、3.0ではより大規模開発に適したクラスベースのオブジェクト指向言語を搭載し、より複雑化した。

ActionScript は主に SWF ファイルの開発用ソフトウェアである Adobe Flash でスクリプトの定義として記述する。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット総合コンサルティング
株式会社ユアシスト
〒332-0017
埼玉県川口市栄町
3-11-27-6F
TEL / 0120-916-281
営業時間 /
(月~金) 9:00~18:00
<東京オフィス>
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウイン青山ビルUCF917号
各種ご相談/お見積りなど
お気軽にお問い合わせ下さい
EC-CUBEの初期より開発を手掛け熟知しており、EC-CUBEカスタマイズ本にも多数掲載しております。
EC-CUBE SILVER INTEGRATE PARTNER
ユアシストではW3Cが勧告する規格に基づき、WEB標準を目指したホームページ制作をしております。
W3C XHTML 1.0
W3C CSS
© Copyright 2004-2013 UAssist, Inc. All rights reserved.