東京都、埼玉県のホームページ制作会社【ユアシスト】 》 Ajax / Asynchronous JavaScript + XML

  • 0120-916-281

All in UAssist ~The One-Stop Solution~

IT用語/意味・解説

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
この解説を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分
えいじゃっくす

Ajax / Asynchronous JavaScript + XML

Ajaxとは、ウェブブラウザ内で非同期通信とインターフェイスの構築などを行う技術の総称である。Asynchronous (アシンクロナス/エイシンクロナス、非同期) JavaScript + XML の略で、2005年2月18日にJesse James Garrettにより名付けられた。エイジャックスもしくは、アジャックスと読む。

XMLHttpRequest(HTTP通信を行うためのJavaScript組み込みクラス)による非同期通信を利用し、通信結果に応じてダイナミックHTMLで動的にページの一部を書き換えるというアプローチを取る。

従来のWebアプリケーションでは、サーバにリクエストを送信後、レスポンスを新たにWebページとして受け取り画面遷移が発生していたが、Ajaxにより画面遷移を伴わない動的なWebアプリケーションの製作が実現可能になる。例えばWeb検索に応用することで、従来は入力確定後に行っていた検索を、ユーザがキー入力をする間にバックグラウンドで行うことでリアルタイムに検索結果を表示していくといったことが可能になる。

Webブラウザのみで動作する(別途プラグインを要求しない)、既存の技術の組み合わせであることが特徴。 技術自体はこの用語が発生する前から存在していたが、Ajaxという名前が付けられたこと、GoogleがGoogle マップやGoogle サジェストにこの技術を利用したことで有名になり、Webアプリケーションの可能性を広げるものとして注目され始めた。さらに、Googleでは、デスクトップアプリケーションと遜色のないメーラーであるGmailやGoogle Calendarでも積極的にAjaxを採用し、Ajaxの実用性がGoogleのWebアプリケーションを通じて世間に認知されはじめている。

AjaxによるWebプログラミング(Webアプリケーション製作)が注目されだした背景には、この従来のページ遷移のみに頼ったWebの使い勝手の悪さに対する不満や、XML、DOMなどのWeb関連技術の標準化(ウェブ標準)、および高い機能を持ったWebブラウザの普及などが挙げられる。

また、ダウンロード型アプリケーションは、マニア層から先に広がりにくい、競合がOSメーカーとなったときに競争に負けてしまう、といった問題を抱えているため、ダウンロード型アプリケーションからWebアプリケーションに切り替える技術として、Ajaxが利用されている。

DHTMLが登場した当時は、単にお遊び要素に過ぎないと考えられていた動的ページだが、JavaScriptをより効果的に使うことで、業務や実用に耐える優秀なインターフェースを備えたアプリケーションをHTMLで作ることが可能であったという事実を世の中に知らしめたという意義をもつ技術である。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット総合コンサルティング
株式会社ユアシスト
〒332-0017
埼玉県川口市栄町
3-11-27-6F
TEL / 0120-916-281
営業時間 /
(月~金) 9:00~18:00
<東京オフィス>
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウイン青山ビルUCF917号
各種ご相談/お見積りなど
お気軽にお問い合わせ下さい
EC-CUBEの初期より開発を手掛け熟知しており、EC-CUBEカスタマイズ本にも多数掲載しております。
EC-CUBE SILVER INTEGRATE PARTNER
ユアシストではW3Cが勧告する規格に基づき、WEB標準を目指したホームページ制作をしております。
W3C XHTML 1.0
W3C CSS
© Copyright 2004-2013 UAssist, Inc. All rights reserved.