東京都、埼玉県のホームページ制作会社【ユアシスト】 》 API / Application Programming Interface

  • 0120-916-281

All in UAssist ~The One-Stop Solution~

IT用語/意味・解説

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
この解説を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分
えーぴーあい

API / Application Programming Interface

APIとは、Application Programming Interfaceの略で、アプリケーションから利用できる、オペレーティングシステムやプログラミング言語で用意されたライブラリなどの機能の入り口となるものである。主に、ファイル制御、ウインドウ制御、画像処理、文字制御などのための関数として提供されることが多い。

つまり、簡単にいえば、アプリケーションをプログラムするにあたって、プログラムの手間を省くため、もっと簡潔にプログラムできるように設定されたインターフェースの事である。

例えば画面に「Hello World」と表示させる仕事を考えると:

* 全部自分でやろうとすると
1. 画用紙に「Hello World」という文字を書く。
2. それを白と黒の四角いマスで表現したデータを作る。
3. CPUがそのデータをディスプレイアダプターのフレームバッファに格納するプログラムを作成する。
4. グラフィックカードを設定して、フレームバッファから正しく信号が生成されるようにする。
* オペレーティングシステム(OS)を使うと
1. OSから提供される「フォント」というデータ構造をメモリに読み込む。
2. OSに空のウィンドウを表示させる。
3. OSに「Hello World」という文字列をウィンドウに描画させる。
* OSの機能を使うアプリケーションを使うと
1. 「Hello World」と書いたHTMLドキュメントを作成し、Mozilla FirefoxやInternet Explorerなどのウェブブラウザに表示させる。

明らかに最初のやり方は手間がかかり、加えて相当な量の情報を渡さなくてはならないため実用的ではない。下に行くほどより簡単になっており、3つ目のやり方になると、「Hello World」とタイプすればいいぐらいの手間になる。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット総合コンサルティング
株式会社ユアシスト
〒332-0017
埼玉県川口市栄町
3-11-27-6F
TEL / 0120-916-281
営業時間 /
(月~金) 9:00~18:00
<東京オフィス>
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウイン青山ビルUCF917号
各種ご相談/お見積りなど
お気軽にお問い合わせ下さい
EC-CUBEの初期より開発を手掛け熟知しており、EC-CUBEカスタマイズ本にも多数掲載しております。
EC-CUBE SILVER INTEGRATE PARTNER
ユアシストではW3Cが勧告する規格に基づき、WEB標準を目指したホームページ制作をしております。
W3C XHTML 1.0
W3C CSS
© Copyright 2004-2013 UAssist, Inc. All rights reserved.