東京都、埼玉県のホームページ制作会社【ユアシスト】 》 P2P / Peer to Peer

  • 0120-916-281

All in UAssist ~The One-Stop Solution~

IT用語/意味・解説

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
この解説を読むのに必要な時間の目安: 約 4 分
ぴあつーぴあ

P2P / Peer to Peer

P2Pとは、Peer to Peerの略である。一般に、コンピュータネットワークの形態の一つで、定まったクライアント、サーバを持たず、ネットワーク上の他のコンピュータ(ノードとも言う)に対してクライアントとしてもサーバとしても働くようなノードの集合によって形成されるものを指す。

Peer to Peerモデルのネットワーク構成は、クライアント・サーバ・モデルと対照的に、参加するコンピュータが同等または類似した役割を対等に担う可能性があるという点が特徴的である。各コンピューターは、処理能力・転送能力や保存容量などの点で異なっている場合がある。ネットワークの運営上、特定のリソースが特定のサーバに集中することはない。Windowsネットワークではワークグループとも呼ぶ。

Peer to Peer型のネットワークモデルを利用したあらゆるネットワーク技術やアプリケーションを指して用いることもある。例えばネットニュースの伝送システムも、Peer to Peerモデルであり、インターネット電話やIP電話・VoIPの無料通話もPeer to Peerで通信が行われる(skypeも然り)。

一方、より狭義のP2Pとしては、WinMXやWinny、Napsterなど、インターネットにつながったコンピュータ間で自由に、そしてある程度匿名的にファイルを転送できる機能を持ったファイル共有ソフトによるネットワークを指す。また、MSN MessengerやSkypeに於いてもファイル交換機能を有しており、ファイル共有ソフトであるといえる。

NapsterやWinMX、IRCなどは、一部の処理(例えば検索)を行うためにクライアント・サーバ型の構造を持ち、その他の処理はP2Pを用いて行う。このようなP2PをハイブリッドP2Pと呼ぶ。WinnyやGnutellaのように、特定のサーバを持たず、全ての処理をP2Pを用いて行うようなネットワークはピュアP2Pと呼ばれる。また、KaZaAやSkypeのように、処理能力の高いノード(上位ノード)がサーバとして働き(ピュアP2P)、下位ノードは、検索は上位ノードに問い合わせ、その他の処理はP2Pを用いて行う(ハイブリッドP2P)、この複合型の方式をスーパーノード型ハイブリッドP2Pと呼ぶ。

P2Pという言葉がNapsterのネットワークを指して使われた場合には、プロトコルの特性としてネットワークに接続している各マシンが同等のステータスを与えられていること(peer protocolが用いられていること)が強調されていたが、Napsterが波紋を呼んだ最大の原因はNapsterによって各Peer(つまり一般のコンピュータのユーザ)が強大な力を持ったことであり、Peer protocolは単にこれを成し遂げるための方法に過ぎなかった。

P2Pネットワークで最も一般的に共有されているファイルは人気のある音楽のmp3ファイルと映画のDivXコーデックを使ったAVIファイルである。 このような利用の実態から、P2Pネットワーク上のファイル共有が大手のレコード会社や映画関連企業などのビジネスに対する重大な脅威となっていると考えられている。P2P擁護者の中にもこの考えは浸透している。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット総合コンサルティング
株式会社ユアシスト
〒332-0017
埼玉県川口市栄町
3-11-27-6F
TEL / 0120-916-281
営業時間 /
(月~金) 9:00~18:00
<東京オフィス>
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウイン青山ビルUCF917号
各種ご相談/お見積りなど
お気軽にお問い合わせ下さい
EC-CUBEの初期より開発を手掛け熟知しており、EC-CUBEカスタマイズ本にも多数掲載しております。
EC-CUBE SILVER INTEGRATE PARTNER
ユアシストではW3Cが勧告する規格に基づき、WEB標準を目指したホームページ制作をしております。
W3C XHTML 1.0
W3C CSS
© Copyright 2004-2013 UAssist, Inc. All rights reserved.