東京都、埼玉県のホームページ制作会社【ユアシスト】 》 XOOPS / ズープス

  • 0120-916-281

All in UAssist ~The One-Stop Solution~

IT用語/意味・解説

用途別分類(カテゴリー)別
頭文字(イニシャル)別
この解説を読むのに必要な時間の目安: 約 3 分
ずーぷす

XOOPS / ズープス

XOOPSとは、eXtensible Object Oriented Portal Systemの略で、GPLに基づいて開発されたCMSである。

<歴史>
2001年 PHP-NukeというCMSを元に日本人により開発、公開される。

2003年 XOOPS2がリリースされる。

2005年 XOOPS日本サポートチームは、本家XOOPSをサポートせず、日本独自のバージョンを提供することを発表し、XOOPS Cubeという名前に決定する。

2006年 本来の意味での新しいXOOPS=XOOPS Cube 2.1の開発と平行して、旧来のXOOPS 2.0.x系にも日本独自のバージョンを発表。

2007年 XOOPS 2.0.xJP系の上位互換であるXOOPS Cube Lagacy2.1.0を発表。



<特徴>
プログラミングの知識がなくとも比較的簡単にインターネットコミュニティを立ち上げることが可能。

インストール、初期構築は簡単だが、動作や画面表示細部に関わる改造には、HTML、CSS、PHP、MySQLなどの知識が不可欠。

フリーで配布されている「テーマ」と呼ばれるファイルセットを切り替えることによってデザインの変更が可能。HTML、CSSの知識があれば自作テーマも可能。

「モジュール」と呼ばれるプラグイン型プログラムを組み込むことにより、機能を自由に追加できる。モジュールは数多くの種類がモジュール作者たちのサイトからダウンロード可能。PHPやデータベースに関する知識があれば自作モジュールも可能。

他のオープンソースCMSに比べて日本語などマルチバイト言語への対応度が高い。

「本家」と呼ばれるxoops.orgから配布されているXOOPSと、XOOPS Cube版では、XOOPS2.0.10以降は基本的に互換性は考慮されていないが、モジュールによっては言語ファイルを用意することによって、本家版用のモジュールを利用できる可能性がある。ただし、全てのモジュールに有効ではない。

企業向けXOOPS構築サービスも展開されており、企業のサイトなどへの利用も注目されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネット総合コンサルティング
株式会社ユアシスト
〒332-0017
埼玉県川口市栄町
3-11-27-6F
TEL / 0120-916-281
営業時間 /
(月~金) 9:00~18:00
<東京オフィス>
〒107-0062
東京都港区南青山2-2-15
ウイン青山ビルUCF917号
各種ご相談/お見積りなど
お気軽にお問い合わせ下さい
EC-CUBEの初期より開発を手掛け熟知しており、EC-CUBEカスタマイズ本にも多数掲載しております。
EC-CUBE SILVER INTEGRATE PARTNER
ユアシストではW3Cが勧告する規格に基づき、WEB標準を目指したホームページ制作をしております。
W3C XHTML 1.0
W3C CSS
© Copyright 2004-2013 UAssist, Inc. All rights reserved.