自社HPコンテンツの充実は中小企業の課題

中小零細企業では、自社HPのプロモーションはできる限りお金をかけず、

自分たちで行っていかなければならない難しさがあります。

ブログ、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアの活用はその最たるでしょう。

 

しかし、これらを継続し続けるのはとても苦難の道のりです。

なかなか社員に呼び掛けても日々の業務に追われて、そんなことはと、二の次になりがちです。

 

正直、うちでもお客様には社員さんに「頑張ってもらえるように啓蒙していきましょう!」とは言うものの、

実際は自分たちもうまくまわせていないのが現状です。

 

結局、5~10人前後の規模では、目先の仕事を優先するしかなく、

先手を打つには、社長が動くしか無いのだと感じております。

これくらいの規模の社長なんて、名前だけの言わば雑用のプロです。

現場や実務、営業から経理、書類整理や掃除、社員の愚痴を聞いたりご飯食べさせたり・・・

でも、それでいいんです!恰好付けても意味が無いのです。

 

山本五十六の言葉にもありますが、

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ。」です。

ちなみにこの言葉には後があるのをご存じでしたでしょうか?

「話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。」

 

深いです。

 

10年目を迎えますが、今一度初心に立ちかえり、「やってみせ」からはじめたいと思います。

 

そして、埼玉のITリーディングカンパニーになるべく、もっともっとアウトプットを増やしていかなければならないので、

お客様に最も身近な成功体験をお伝えできるよう、ホームページのコンテンツを充実させていきたいと思います。

 

もっと軽い話しから始めようと思ったのですが、書き始めたら深い話になってしました(汗

関連記事

  1. 大物作家もプロデュースする与野の着物屋『きもの おがわ屋』さまをご紹介…

  2. docomoでiphone

  3. 情報のインプットを増やすにはアウトプットを増やす事から始めよう!

  4. 六本木バー「Tokyo Graffiti」タッチパネルテーブルを体験!…

  5. セレンディピティという能力の存在を知るべし!

  6. 目標や納期に対する心構えを再確認

  7. Siri

  8. 知らないよりは知っているほうがよい!(pow編)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP