ASP / Application Service Provider

ASPとは、Application Service Provider(アプリケーションサービスプロバイダ)の略であり、アプリケーションサービスを提供する組織(事業者)/機構/サーバを指す言葉である。

一般に用いる場合、事業者を指す言葉である事が多く、業務用のアプリケーションソフトをインターネットを利用して、顧客にレンタルする事業者あるいはサービスを指す。利用者はインターネットに接続された環境で、ブラウザソフトを使ってASP事業者のサーバにアクセスし、ASP事業者から提供される各種アプリケーションソフトを利用する。

ASPが提供するサービスを利用すると、ユーザのパソコンには個々のアプリケーションソフトをインストールする必要がないので、社内でのシステム(ソフトウェア、ハードウェア)の管理が楽になり(インターネットへのアクセスが可能な環境とブラウザがあればよい。ソフトウェアのバージョンアップやバグ修正などの保守作業はASP事業者側が行う)、負担が軽減される。

PAGE TOP