EC / 電子商取引

ECとは、インターネットや専用線のようなコンピュータネットワーク上での 電子的な情報交換によって、商品やサービスを分配したり売買したりすることである。

従来は、特定の企業間電子商取引(B to B,B2B,Business to Business)における電子データ交換(EDI,Electric Data interchange)や銀行間の電子資金移動(EFT,Electrical Finance Transfer)を意味していたが、近年ではインターネットを利用した不特定多数の参加者による企業対消費者間取引(B to C,B2C,Business to Consumer)、さらにインターネットオークションなどの消費者間取引(C to C,C2C,Consumer to Consumer)も指すようになった。

インターネット上の商行為は、商品購入、広告宣伝、契約締結、資金決済など幅が広い。 インターネットを利用し、Webサイトを構築し商品を売るサイトをECサイトという。

PAGE TOP