EDI / 電子データ交換

EDIとは、Electronic Data Interchangeの略で、 標準化された規約(プロトコル)にもとづいて電子化されたビジネス文書(注文書や請求書など)を専用回線やインターネットなどの通信回線を通してやり取りすること。 あるいはこうした受発注情報を使って、企業間の取引を行うことである。

経済産業省による定義では、 「異なる組織間で、取引のためのメッセージを、通信回線を介して標準的な規約を用いて、コンピュータ間で交換すること」となっている。

EDI(電子データ交換)を利用すると、企業は書類の作成や処理のための事務経費を削減できる。 しかし、取引企業間で交換データ形式が異なるとかえって事務量がかさみ上記目的が達成されなくなる。 そのため交換データの形式の統一と、データの機密保持が重要である。

PAGE TOP