FON / フォン

FONとは、無線LANを利用してインターネットアクセスを会員相互で世界中で共有するシステム。また、それを提供する企業のことである。

企業としてのFONは 2005年11月にスペインで設立されたベンチャー企業である。創業者はマーティン・バーサフスキー(Martin Varsavsky)。日本では2006年12月4日よりサービスを開始している。

* 2005年11月 – スペインで設立。
* 2006年2月 – Index Ventures、Sequoia Capital、Google、Skypeなどが合計で1,800万ユーロ(約25億7,000万円)を出資し話題になる。
* 2006年8月10日 – 日本法人「フォン・ジャパン」設立。
* 2006年12月4日 – 日本での運用を本格的に開始、専用ルータ「ラ・フォネラ」を販売開始する。
* 2007年3月29日 – Googleに加え、伊藤忠商事やエキサイトなど日本企業より新たに1,000万ユーロの出資を受ける。
* 2007年3月30日 – 日本国内のアクセスポイント数が1万を超える。

FONのアクセスポイントは、公衆無線LANネットワークのアクセスポイントとは異なり、大半は個人によって設置されたものである。そのため都心部の駅や商業地域を中心に展開されている公衆無線LANとは逆に、住宅街を中心にスポットが形成されている。

このため公衆無線LANの代わりになるものではなく、公衆無線LANがカバーしていない住宅街を補完するものといえる。なお電波が届けば近所の住人が開設しているアクセスポイントを自宅から利用することも可能であるが、日本においては自身もアクセスポイントを開設しなければならない「Linus」のサービスのみのため、ISPとの契約を免れる目的で使用することはできない。

その一方で、自分がアクセスポイントを一ヶ所開設すれば複数のFONアクセスポイントを利用できるので、会社のネットワークなど私用で使えない場所で無線APを利用できる。さらにはニンテンドーDSやPSP、mylo、W-ZERO3、iPod touchなどのWi-Fi機器の可能性を伸ばす使い方が考えられる。

PAGE TOP