Moore’s Law / ムーアの法則

ムーアの法則とは、Intelの共同創業者であるゴードン・ムーアが提唱した「半導体の集積密度は、18~24ヶ月ごとに倍になる」という経験則である。
「集積密度」を「性能」に置き換えると、この法則は現在でも通用するという見方があり、今後の半導体の性能向上予測に用いられることが多々ある。
しかし、この法則は半導体の微細加工技術の発展を根拠としており、2010年代には微細化が原子レベルに達する為、通用しなくなると予想されている。

PAGE TOP