SOAP / Simple Object Access Protocol

SOAPとは、Simple Object Access Protocolの略である。ソフトウェア同士がメッセージ(オブジェクト)を交換する(リモートプロシージャコール – 遠隔手続呼び出し)ためのプロトコル。ここでいうオブジェクトとはオブジェクト指向のそれである。

SOAPは拡張可能で分散的なフレームワークであり、HTTPやSMTPなど様々なコンピュータ・ネットワークの通信プロトコルで利用することができる。

いくつかのSOAPメッセージを相互作用させることによってリモートプロシージャコールが実現できる。SOAPはWebサービスに有効な手段の一つである。

SOAPはXMLに基づいており、XMLの、ヘッダとボディを組み合わせるデザインパターンで設計されている。「ヘッダ」は、オプショナルであり、ルーティングやセキュリティ、そして トランザクションなどのための情報といったメタ情報を格納できる。「ボディ」部分は、主要な情報、別の言い方をすればペイロードと呼ばれるものである。SOAPのペイロードはXML Schemaで規定することができる。

PAGE TOP