web safe colors / Webセーフカラー

Webセーフカラーとは、ウェブ上の色をRGB値の三原色をそれぞれ6段階に分割し、組み合わせた216色のこと。
インターネットにおいて、カラー画像などを表現する際、閲覧者のコンピュータ環境により正しく表示されないことがある為、1994年にNetscape Communications社が提案した。

PAGE TOP